湯の山温泉・御在所岳・菰野町の観光案内所

観光情報ステーション0番線

スタッフブログ

菰野町の見て、聞いて、体験した観光情報を愉快な(?)スタッフがレポートしていきます。

【4月15日】御在所岳登山

| コメント0件 | 2012年5月1日 17時23分

どうも!0番線スタッフのセイジです!
少し前の話ですが、4月の中ごろ、最後の雪が残る御在所岳に登ってきました!
04月15日


0番線勤務が決まり、何をしようか考えた時に、まずは御在所登らないと!と思い立ち、行ってきました御在所岳!
スタートはもちろん御在所ロープウエイから!
04月15日01
目指すは表登山道口!
まずは湯の山温泉街を抜け、その後山道へと分け入って行くんですが、いきなり危険箇所!
04月15日03
危うく足を踏み抜くかと思いました…
なんかコンパネを複数枚重ねただけの橋だったんで、今後下から御在所登る人は注意です!
一応板の強度は十分にあるんで、腐ってるっぽい所を踏まなければ大丈夫かとおもいます。
その後は登山道っぽくない所を歩きながら
04月15日05
一回道路脇へと出ます。
04月15日11
ここから次の道はかなり分かりにくいですが、こういう
04月15日12
印がついたポールがあるのでそちらに向かいましょう!
途中いくつか分かりにくい道も、石に○がついてたりするのでそれを頼りにしながら進んでいくと、途中で三ツ口谷との分岐に出ます!
04月15日17
ここには表登山道と書いてありませんが、武平峠方面へ進みましょう。
ここからさらに歩いてしばらくすると、武平峠への道と表登山道の分かれ道が出てきます。
04月15日20
ここからようやく表登山道が開始!
「表」と付くだけあって、厳かな雰囲気の鳥居があります。
04月15日21
これをくぐるといきなり橋の下をくぐるというなんともエキサイティングなルート。
表登山道面白いですね!
04月15日24
暫くは道なり、ていうか結構ここが急登だったりします。
途中でスカイライン脇を歩き、まだまだ登ります。
スカイライン脇を過ぎて少し行くとケルン(置石)発見!
04月15日
歴史を感じますねー。
そうしてケルンを過ぎ、しばらく行くと次は百間の滝!
04月15日
04月15日
いやーすばらしい!
ちなみに百間滝は三滝川に流れ込む三つの滝の内の一つだそうです。(後日知りました^^;)
ここの展望台、結構広いので小休止ならぬ中休止をしました。
景色もそれなりに良くて気持ちいいです。
ふと横を見ると…
04月15日
鎌が岳!
やっぱ鋭鋒はかっこいいですよねー。いつか登ってやる!
さて、休憩の後頂上を目指します。
砂場越え
04月15日
はしご越え
04月15日
山上公園に着!
04月15日
と、簡単に書きましたが、砂場は物凄く滑りやすく、今回一番苦労したところですし、梯子はこれ大丈夫なのか?と疑いながら登りましたし、山頂付近ではクマザサの大群によって行く手が分からず、何度も道に迷いそうに(ていうか実際迷いました)なったりと大変でした。
中々ハードな登山道って噂は伊達じゃなかったです。
登山の際は準備を怠らないようにしましょう!
さて頂上です!
この日はつい先日に雪が降った事もあり、頂上にはまだ残雪がありました。
04月15日
(↑思わず興奮して雪にストックを刺す図)
登山道が終わってからは整備されてるのですごい楽でした。
山頂一等三角点
04月15日
県境
04月15日
山上公園で一通り楽しんだら下山です。
下山には裏登山道を使いました。
まずは入口から、
山上公園のケルン。これの左側に進むと…
04月15日
登山道があります。
04月15日
よーし!腹減ったし帰るか!と一歩足を踏み入れると…
04月15日
雪!雪!雪!
表登山道ではかけらも見つからなかった雪が一面に!
思わずハイテンションになってしまい、途中足元のバランスを崩してこけても笑ってしまいました。
こけてもいたくない!
そして国見岳との分岐を過ぎ、
04月15日
しばらく歩いて行くと…噂には聞いてましたが、実際に見るとすごいですね!
日本三大岩場の一つ!藤内壁!
04月15日
上手く撮れてないかもですけど、実際はもっとすごいんですよ!
絶対クライミングを始めて登ってやる!と決意した瞬間ですね。
さて、藤内壁を右目にどんどんと下って行くと…
04月15日
6合目の看板が!
いや、ありがたいんですけどね。表登山道には見かけなかったからつい^^;
まぁその後も表に比べたらヨユーwとか思いながら下ってたらいきなりの鎖場!
04月15日
慎重に進み、降りるとそこには…
04月15日
…いや、上にはなかったけど!?裏登山道を下山する人は気を付けましょう^^
ちなみにウサギの耳って岩がどれか分からなかったけど、多分これかなぁ…?っての
04月15日
うん!なんとなくだね!
その後洪水の跡がまだ残るガレ場を過ぎ、
04月15日
藤内小屋を経て、中登山道との分岐を過ぎ、
04月15日
この日一番のハイライト!僕の尊敬するインディー・ジョーンズのテーマが聞こえてきそうな橋を渡ります。
04月15日
四の渡しというそうです。(ちなみに実際はこの後に出てくる七の渡しの方が、アドベンチャー度は上だった)
その後は新しく作られた橋を通り、
04月15日
工事車両の横を抜け、
04月15日
スカイラインまで下りてきました!
04月15日
が!今回はロープウエイ横からスタートの為、ゴールもそこ…
ここから橋の下をくぐりさらに進みます。
蒼滝の横を通り、蒼滝不動前で小休止。
と、そこでなにやら困った風な家族連れと遭遇。
話しかけてみると、鈴鹿からお越しのNザワさんご家族。今から登山をしようと思っていたけど、意外なハードルの高さに今日はもう帰ろうとしているとのこと。
それならば!とすかさず菰野町の観光案内を勧める自分。あぁ、職業病って恐ろしい。
その後、町内の説明をしながら一緒に下山しましたが、なんと!Nザワさんのお父さんと僕の出身が一緒ということが判明!地元トークで盛り上がりつつロープウエイ横に到着!
最後にお子さんと記念撮影。
04月15日
いい笑顔ですね!
その後Nザワさんご家族とは、また今度山のガイドをする約束(?)をしてお別れ。
こうして下山完了となりました。
総評としては、表登山道歩きにくい!裏登山道歩きやすい!名前に騙された!
でしょうか。
また次は違う登山道を通ってみようと思います。

コメントがありません。