2016年7月20日以降更新されていません。情報が古くなっている可能性があります。

湯の山温泉・御在所岳・菰野町の観光案内所

観光情報ステーション0番線

スタッフブログ

菰野町の見て、聞いて、体験した観光情報を愉快な(?)スタッフがレポートしていきます。

願行寺に行ってきました。

| コメント0件 | 2012年6月18日 12時51分

0番線スタッフのセイジです。
菰野町の芸術スポットのうちの一つ【願行寺】に行ってきました!
願行寺、本堂
詳細は続きを読むから!


菰野町の歴史探訪シリーズ第五弾は【願行寺】!!
何故芸術スポットか?
それでは早速資料を見ていきましょう!

日本美術院特待の日本画家、伊藤嘉晃氏と願行寺とは十数年前から交流があり、何も描かれていなかった書院の襖に画をと考え、朱雀井健恩住職が絵を依頼、「清風四季竹林花鳥図」と題した絵が書院の四室に四十四枚の襖に竹や桜、楓、椿などが描かれています。

引用元 なぞのこもの
えーというわけで、様々な絵が襖に描かれているそうでして、これは一度見てみたい!と思い行って参りました!
まずは場所から!

大きな地図で見る
今回はしっかりと検索したら出てくれましたよ!
場所的には竹成の五百羅漢の近く、少し北に行って左にはいったところです。
では現地の様子を見ていきましょう!
願行寺、駐車場
まず最初に車を駐車場に停めます。
少し細い道を入ってくるので、注意が必要です。
駐車場から少し回りこむと入り口につきます。
願行寺、入り口
平日ということもあり、境内は静かでした。
歩いて行くと左手に…
願行寺、鐘
鐘!
左奥まで進んでいくと、
願行寺、トイレ
恒例のトイレチェック!ありました。
さぁ、そして噂の本堂ですが…
願行寺、本堂
……うん、閉めきっていてよく分からんかった!
実は公開されている日があるのかな?と思って色々と調べていたんですが、どこにも情報が乗ってなくて断念;;
襖に画が描いてある【願行寺】
再調査の必要がありそうです!

コメントがありません。