湯の山温泉・御在所岳・菰野町の観光案内所

観光情報ステーション0番線

歴史スポット

お寺や神社、歴史的な建造物などの観光地をご紹介します。

更新:2013年8月4日 13時03分

尾高観音

尾高観音

1年に一度だけ、毎年4月に十一面千手観音菩薩像の御開帳があります。

釈迦岳直下の山麓、檜の古木が美しい静かな森の奥に本堂・六角堂の尾根が目に入ってきます。聖徳太子の作といわれる千手観音菩薩立像を安置し、伊勢西国三十三ヶ所のうち、二十五番目の札所として親しまれてきました。中世、天台宗もしくは熊野信仰の混交で杉谷寺と総称され大いに栄えた時期があり、近年の発掘調査で出土した「杉谷中世墓」の五輪塔と蔵骨器は、当時の繁栄ぶりを示すものです。堂塔は永称11年(1568)織田信長の兵火にあい滅亡しました。

【住所】三重県三重郡菰野町杉谷
【地図】